不破八幡宮

不破八幡宮は、今より約550年前、一條公が応仁の乱を避け荘園経営のため中村に開府のとき、幡多の総鎮守として又一條家守護神として山城国石清水八幡宮を勧請したものであり正八幡、広幡八幡といわれる。本殿は昭和38年国の文化財保護委員会より重要文化財の指定を受けた。

INFORMATION

名称不破八幡宮
住所高知県四万十市不破1374-1
TEL0880-34-1555
((一社)四万十市観光協会)
ホームページ公式サイトはこちら
アクセス四万十町中央ICより車で約1時間、土佐くろしお鉄道中村駅より徒歩で約30分
施設



※当サイト掲載のイベント、観光スポット情報等については変更されている場合がございますので、事前にご確認の上お出かけください

Page Topへ