阿波本藍染め「藍住町歴史館・藍の館」

阿波藍の栽培は、平安時代に山岳地方で阿波忌部氏が織った荒妙を染めるため始まったとされている。天然染料ならではの風合いで愛され、各地で藍染めの商品が手に入る。

INFORMATION

名称阿波本藍染め「藍住町歴史館・藍の館」
住所徳島県板野郡藍住町徳命字前須西172
TEL088-692-6317
FAX088-692-6346
ホームページ公式サイトはこちら
営業時間9:00~17:00 (染体験は16:00まで)
定休日火曜(祝日の場合は開館)12月28日~1月1日
料金大人300円、中高生200円、小学生150円 (団体20名以上はいずれも50円割引)
アクセス徳島阿波おどり空港より車で25分、JR徳島駅より車で約25分、東中富バス停より徳島バス二条鴨島船、藍住ICより車で5分。
施設



※当サイト掲載のイベント、観光スポット情報等については変更されている場合がございますので、事前にご確認の上お出かけください

Page Topへ