銭形砂絵

東西122m、南北90m、周囲345mもある巨大な砂絵で、琴弾山山頂から見るときれいな円形に見えます。
一般には寛永10年(1633年)に藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたと言われています。この銭形砂絵を見れば、健康で長生きし、お金に不自由しなくなると言われており、パワースポットとして、多くの人がこの地を訪れています。
毎日日没から午後10時までライトアップしており、幻想的な風景を楽しむことができる。

INFORMATION

名称銭形砂絵
住所香川県観音寺市
TEL0875-23-3933
(観音寺市経済部商工観光課)
料金無料
アクセス観音寺駅からレンタサイクルで10分
駐車場:バス5台 乗用車30台


※当サイト掲載のイベント、観光スポット情報等については変更されている場合がございますので、事前にご確認の上お出かけください

Page Topへ