阿波和紙伝統産業会館

1300年余りの歴史を持つ、伝統的工芸品である阿波和紙の製造工程を見学したり、紙漉き体験を楽しむことができます。和紙作品を展示しているギャラリーや、和紙製品が揃うショップも人気です。

INFORMATION

名称阿波和紙伝統産業会館
住所徳島県吉野川市山川町川東141
TEL0883-42-6120 0883-42-6120 0883-42-6120
FAX0883-42-6085
ホームページ公式サイトはこちら
営業時間9:00~17:00 (体験受付は9:30~11:30、13:00~15:30)
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)、12/30~1/2
料金入館料 一般300円、高校・大学生200円、小中学生150円。体験料 紙漉き体験500円、藍染ハンカチ500円(要予約)
アクセスJR阿波山川駅から徒歩約15分、徳島道土成ICより車で約30分、脇町ICより約15分
施設
駐車場(備考)無料駐車場10台

「しあわせぐるり、しこくるり。」観光キャンペーン情報

現地スタッフからのコメント

阿波の紙作りは、8世紀始めに天日鷲命(あめのひわしのみこと)を祭る忌部族が麻植の地(現在の吉野川市)に入国したときに始まるとされています。その伝統を唯一継承する山川町に、(財)阿波和紙伝統産業会館が平成元年に誕生しました。
紙漉職人の作業見学や体験実習、作品展の見学などができます。小中学生向けから大人向けまで様々な体験学習ができ、クリエイターによる作品展示や、和紙を使った商品を揃える売店もあります。

お問合せ先

名称 阿波和紙伝統産業会館
連絡先 0883-42-6120
(阿波和紙伝統産業会館)
アクセス 阿波山川駅から車、徒歩で5分
駐車場:普通車約10台
料金 一般300円/学生200円/小中学生 150円
20名以上の団体になると、それぞれ2割引になります


※当サイト掲載のイベント、観光スポット情報等については変更されている場合がございますので、事前にご確認の上お出かけください

Page Topへ