63番札所 密教山 吉祥寺

この地で弘法大師は、金色に輝くヒノキの木を見つけ、その木で本尊の毘沙聞天、脇侍の吉祥天、善膩師(ぜんにし)童子を刻んだという。毘沙聞天を本尊とする寺は四国霊場唯一で、商売繁盛にご利益があるとされる。境内に「くぐり吉祥天女」という像があり、この下をくぐると願いがかなうという。


成就石

本堂の前にある穴の開いた石「成就石」。目を閉じたまま近づき、穴に金剛杖を通すことができれば願いが叶うといわれています。また境内にある「くぐり吉祥天女」は、下をくぐると福を授けてもらえるとか。

札所の手ぬぐい

四国霊場の中で唯一毘沙門天を本尊にしている吉祥寺の手ぬぐいの図柄は、何とも楽しそうな七福神の面々。図柄は3色(白、紫、茶)ご用意しておりますので、お好きな色をお選び下さい。

INFORMATION

札所63番
名称密教山 吉祥寺
住所愛媛県西条市氷見乙1048
TEL0897-57-8863
アクセス①松山自動車道いよ小松ICから国道11号経由で約5㎞
②JR予讃線伊予氷見駅下車、徒歩3分
施設

Page Topへ