24番札所 室戸山 最御崎寺

土佐の国、最初の札所は、室戸岬の先端に立っている。近くに、御厨人窟(みくろど)という洞窟があるが、若かりし頃の弘法大師が「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」の修行していた場所。のちに唐から戻ってきた弘法大師は、嵯峨天皇の勅願により、虚空蔵菩薩を本尊として、最御崎寺を開基したという。


INFORMATION

札所24番
名称室戸山 最御崎寺
住所高知県室戸市室戸岬町4058-1
TEL0887-23-0024
アクセス①高知自動車道南国ICから国道32号、55号経由で約70㎞
②JR高知駅から高知東部交通バス2時間50分、室戸岬下車徒歩30分
施設
駐車場(備考)50台

「しあわせぐるり、しこくるり。」観光キャンペーン情報

現地スタッフからのコメント

「修行の道場」とされる土佐最初の霊場です。太平洋の白い波涛が吠え立てる室戸岬の突端にあります。近くには、弘法大師が虚空蔵求聞持法の苦行をしたと伝えられる洞窟「御厨人洞(みくろど)」があります。

お問合せ先

名称 最御崎寺

Page Topへ