81番札所 綾松山 白峯寺

五色台の1つ、白峰山の山腹にある。弘法大師が宝珠を埋めて霊場と定め、のちに智証大師が千手観世音菩薩を刻み、本尊として安置した。保元の乱により讃岐に流された崇徳(すとく)上皇がこの地で崩御。境内には、崇徳上皇の御廟所「頓証寺殿(とんしょうじでん)」や、上皇にゆかりのある「玉章木(たまずさのき)」がある。


札所の手ぬぐい

「南無大師」の文字と御詠歌「霜さもく露白妙のてらのうち 御名を称ふる法のこゑごゑ」の下に描かれているのは、後小松天皇の額ある「勅額門」と2人のお遍路さん。春と秋の境内を彩る桜と紅葉のも添えられています。

INFORMATION

札所81番
名称綾松山 白峯寺
住所香川県坂出市青海町2635
TEL0877-47-0305
アクセス①瀬戸中央自動車道坂出北ICからさぬき浜街道、県道16号経由で約10㎞
②JR予讃線坂出寺駅からタクシーで20分
施設
駐車場(備考)100台

「しあわせぐるり、しこくるり。」観光キャンペーン情報

現地スタッフからのコメント

平成29年、建造物9棟が国の重要文化財に指定されたことを記念し、四国霊場第81番札所のお納経以外の3つ(奥ノ院、十一面観音、白峯大権現)の御朱印のみに、開運招福を祈念した「重要文化財指定記念散華シール」が授与されます。これを含め、御姿札の授与、記念スタンプなど、計5つの記念事業を実施します。

お問合せ先

名称 (国)重要文化財指定記念散華シール授与
料金 御朱印 300円、記念散華シール 100円

Page Topへ