31番札所 五台山 竹林寺

土佐の名刹・竹林寺は、五台山の上、高知市街と浦戸湾を一望できる抜群のロケーションにある。江戸時代には、土佐藩主の帰依をうけて大きく栄え、学僧たちが集い、学問寺として土佐文化の中心地となっていた。柿(こけら)葺きの本堂に、文殊菩薩を祀っている。本尊の文殊菩薩は行基作と伝えられ、京都・切戸(きれと)の文殊、奈良・安倍(あべ)の文殊とともに「日本三文殊」の1つ。竹林寺庭園は、夢窓疎石(むそうそせき)が造園したと伝えられる池泉(ちせん)鑑賞式の庭で、国名勝の指定を受けている。宝物館にある仏像17体は、すべて国の重要文化財。


竹林寺の竹林寺羊羹

竹林寺境内で売られている羊羹。食べたい分だけ筒から押し出して食べられる竹筒をイメージした容器は、お遍路さんが歩きながら食べられるように考えて作られたものだそう。濃厚なのに後口はさっぱり。1本200円です。
【住所】高知県高知市五台山3577
【TEL】088-882-3085
【営業時間】9:00~16:00
【定休日】無休
【駐車場】70台

竹林寺庭園

竹林寺庭園は鎌倉時代の禅の高僧・夢窓国師が造園したと伝えられる池泉鑑賞式の庭。高知県三名園のひとつに数えられ、平成16年に国の名勝指定を受けています。宝物館と共通のチケット(400円)で入場できます。

宝物館

宝物館にある仏像17体は、藤原時代から鎌倉時代にかけてのものですべて国の重要文化財。その数は高知県下の国重文指定仏像の約1/3にも及びます。また宝物館のチケットで国指定の名勝・竹林寺庭園にも入場可能。
【開館】8:30〜17:00
【入館料】400円

INFORMATION

札所31番
名称五台山 竹林寺
住所高知県高知市五台山3577
TEL088-882-3085
アクセス①高知自動車道高知ICから国道44号経由で約7㎞、約25分
②JR高知駅よりMY遊バス30分 竹林寺前下車
施設
駐車場(備考)140台

四国デスティネーションキャンペーン情報

現地スタッフからのコメント

〈徳川家康公ゆかりの阿弥陀如来像〉
土佐二代藩主山内忠義公の妻・阿姫(くまひめ)が、養父・徳川家康公の菩提を願って造顕した阿弥陀如来像を、DC特別企画として特別公開します。同像は、2016年、胎内から家康公にまつわる銘文が発見されたことでも話題となりました。併せて、本堂内陣に祀られる諸仏や、国重要文化財指定仏像17体を奉安する宝物館、国名勝に指定された庭園も拝観でき、参拝者には、限定の記念品を授与いたします。

【期間】
 平成29年4月1日~6月30日
 ※20名以上の団体のみ、事前連絡が必要
【時間】
 9:00~16:00

お問合せ先

名称 徳川家康公ゆかりの阿弥陀如来像特別公開と本堂内陣参拝
料金 1,000円

Page Topへ