23番札所 医王山 薬王寺

薬王寺の本尊は、弘法大師が厄除け祈願のために刻んで納めたという厄除薬師如来。厄除けの霊場として古来より栄え、現在も年間100万人以上が参拝。初詣シーズンなどは、たいへんな数の参拝客でにぎわいをみせる。境内にある厄坂は、厄年の年齢に対応した石段になっていて、女厄坂は33段、男厄坂は42段。石段の下には薬師本願経を一字ずつ書いた小石が埋め込まれていて、踏むごとに厄が払われるという。高さ29mの瑜祇(ゆぎ)塔までの石段は61段で、これは還暦の厄坂。一段上がることに賽銭を置くのがならわしだ。門前には宿坊と温泉もある。


豊田屋の『亀のもなか』

薬王寺付近にある豊田屋の亀のもなかは、海亀の町・日和佐土産にぴったりな、海亀の形をしたもなか。こがしもなかには、清流・日和佐川で採れた青のりを練り込んだ餡、白には北海道産の大納言小豆を使った餡がたっぷり。マシュマロでできた亀の卵もおすすめ。
【住所】徳島県海部郡美波町奥河内寺前93
【TEL】0884-77-1133
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】無休

INFORMATION

札所23番
名称医王山 薬王寺
住所徳島県海部郡美波町奥河内字寺前285-1
TEL0884-77-0023
アクセス①徳島自動車道徳島ICから国道55号経由で約60㎞
②JR牟岐線日和佐駅下車、徒歩10分
施設
駐車場(備考)500台

四国デスティネーションキャンペーン情報

現地スタッフからのコメント

厄除けの寺として全国から参拝客が訪れる薬王寺は、行基が聖武天皇の勅願によって建立したのが始まりと言われています。DC特別企画として、期間中、本坊内拝を実施し、普段は入ることが出来ない場所でひとときを過ごすことができます。法話希望の方は、事前予約で対応可能です。

【期間】
 平成28年10月1日~12月31日、平成29年4月1日~6月30日
【時間】
 9:00~15:00
 ※要予約

お問合せ先

名称 本坊内拝
料金 500円(記念品の授与あり)

Page Topへ