88番札所 医王山 大窪寺

結願の寺。讃岐山脈の山中にあり、胎蔵ヶ峰を背にして本堂がある。ふつう薬師如来は左手に薬壺を持つが、本尊の薬師如来(秘仏)は薬壺のかわりに法螺貝を持っており、その法螺貝ですべての厄難諸病を吹き払うという。早くから女性の入山が許され、女人高野とも呼ばれた。
大師堂の地下には八十八ヶ所のお砂踏みができる道場があり、1周すれば全部のお寺を回ったのと同じご利益があるとか。
旅を共にしてきた金剛杖や笠は、希望すれば奉納し供養してらえます。


札所の手ぬぐい

たなびく雲から顔を出しているのは本堂奥にある金堂。描かれた「四国八十八番」の石碑や「同行二人」と書かれた菅笠と金剛杖が、大窪時が結願寺であることを再認識させてくれます。中央の寺紋には葵の紋も。

INFORMATION

札所88番
名称医王山 大窪寺
住所香川県さぬき市多和兼割96
TEL0879-56-2278
アクセス①高松自動車道志度ICから県道141号、3号、国道377号経由で約30㎞
②高松琴平電鉄長尾駅下車、タクシーで30分
施設
駐車場(備考)50台

四国デスティネーションキャンペーン情報

現地スタッフからのコメント

四国八十八ヶ所結願(けちがん)の霊場「大窪寺」は、行基が確立したと言われています。DC期間中、三國(インド、中国、日本)伝来の弘法大師ご使用と伝わる鉄製錫杖の拝観・法話の後に、特別加持祈祷が受けられます。

【期間】
 平成28年10月~12月、平成29年4月~6月
 ※2日前までに要予約
 ※都合により、対応できない場合があります。
【時間】
 8:00~16:00

お問合せ先

名称 弘法大師ご使用の御錫杖拝観と法話
料金 1,000円

Page Topへ