お遍路

お遍路の基礎知識

お遍路とは

平成26年に霊場開創1200年。 そもそもお遍路って?

最近は健康増進、パワースポット巡りなど色々な使われ方があるお遍路。そもそも「お遍路」とは、弘法大師(空海)の 足跡をたどり、八十八ヶ所の霊場を巡拝すること。札所の番号順にまわっても その反対でも構いません。平成26年は、四国八十八ヶ所霊場開創1200年の年にあたり、普段は拝見できない仏像や本堂のご開帳なども予定されています。

目的も巡り方も人それぞれ

お遍路の目的は、健康祈願、自分探しや開運・縁結びなどそれぞれです。巡礼者が持つ笠には、「同行二人」という文字が書かれており、ひとりは自分、そしてもう一人は弘法大師を意味します。つまり、弘法大師様と二人で巡礼の道を歩く、それがお遍路なのです。

お遍路とは

「順打ち」「逆打ち」? 巡礼の順番は?

どこから始めてもよいお遍路ですが、一番札所から番号順に巡る「順打ち」が一般的な巡礼方法。八十八番から巡礼することを「逆打ち」といい、順打ち3回分のご利益があると言われています。その他、「通し打ち(すべての霊場を一遍にめぐりきること)」「区切り打ち(適当に区間を区切って巡る)」「一国参り(一つの県を国として巡ること)」などがあり、自分の体力やペースにあわせ、巡り方を選びましょう。

移動手段は?

巡る順番や数、期間が自由なだけでなく、巡礼の手段も自分にあわせて選択できるのがお遍路の良いところ。「歩き遍路」「車遍路」「ツアーバス遍路」などの方法があり、自分のスタイルで好みの回り方を見つけてみてください。

トラディショナル派?カジュアル派?お遍路ファッションあれこれ

ファッショナブルな服装で挑戦する若い女性たちの姿も増えましたが、金剛杖、菅笠、白衣といった伝統的なお遍路さんファッションも根強い人気。自分なりにアレンジして「お遍路ガール」になりきるもよし、伝統的なお遍路ファッションで地元の人々との交流を楽しむもよし。歩き遍路の場合は、山道もありますので歩きやすい靴を選ぶこと。さぁ、自分にあったスタイルができたら、いざ八十八箇所巡りへ出かけましょう!

四国遍路と高野山

お遍路さんの多くは結願の報告のために弘法大師が御入定されている高野山の聖地「奥之院」にお参りします。奥之院では四国八十八カ所の納経帳に朱印をいただけます。 また、お遍路をはじめる前にお大師さんへ挨拶のためお参りするお遍路さんもおられます。


壇上伽藍(和歌山県高野町)

弘法大師が真言密教の根本道場を開くにあたり 一番始めに整備を着手した場所で、奥之院と並ぶもう一つの聖地。シンボルの根本大塔、一山の総本堂である金堂、国宝の不動堂など境内には19の建造物が建ち並んでいます。

Page Topへ